南部
糸満市

喜屋武岬

  • 観る・遊ぶ
  • 自然・景勝地
  • 海岸・岬・湾

岬を境に太平洋と東シナ海に分かれる沖縄本島最南端の岬

本島南部の糸満市にある喜屋武岬は高さ10~20mの断崖が切り立つ岬であり、この岬を境に太平洋と東シナ海に分かれています。断崖の上には灯台や展望台が立っており、国指定名勝・天然記念物である「喜屋武海岸及び荒崎海岸」の眺望や青々とした大海原を眺めることができます。喜屋武岬からの風景は180度のパノラマで青い海が広がり、地球が丸いのを実感することができます。

喜屋武岬を含む本島南部の海岸は、沖縄戦最後の激戦地であった地域であり、沖縄戦で米軍に追いつめられ、自決するために身を投げたという悲惨な歴史がありました。岬の先端には、1969年に建立された慰霊碑「平和の塔」も建っており、付近一帯は沖縄戦跡国定公園のに指定されています。

詳細情報

住所

901-0354
沖縄県糸満市喜屋武

グーグルマップでみる

駐車場

有:無料